第10回NPO幸齢社会づくり協会「サクセスフル・エイジング」講演会〈岡山〉が開催された。

第10回NPO幸齢社会づくり協会主催「サクセスフル・エイジング」講演会〈岡山〉が、2018年9月9日(日)「ピュアリティまきび」で、220名の来場者で開催されました。

第1部では川崎医科大学 健康管理学教授(倉敷市出身)の高尾俊弘(たかおとしひろ)氏による「脳卒中を防ぐ、知っておきたい高血圧の予防と改善」と題した講演が行われました。

高尾俊弘先生は血圧管理の専門医であります。日本は世界トップクラスの長寿社会ですが、平均寿命と健康寿命の差が大きいことが問題になっています。健康寿命に大きく影響するのが脳卒中で、その脳卒中の最大の危険因子は高血圧です。高血圧の予防と改善のための、「血圧管理」という大事な考え方と勘所を分かりやすく解説いただきました。誰でも関心のある血圧のため、講演後の質問コーナーでは、時間一杯まで多くの方の質問が寄せられました。

第2部は〜秋を感じるソプラノとファゴットの音色を〜として、珍しい楽器ファゴットの奏者太田茂樹氏の演奏と太田晴美氏のピアノでソプラノ歌手岡崎順子氏が出演。シニアに懐かしい、「イエスタディ ワンス モア」「山田耕筰メドレー」をファゴットの演奏で「里の秋」「浜辺の歌」などピアノと歌が披露されました。

 

高尾俊弘氏
川崎医科大学 健康管理学教授(倉敷市出身)

太田茂樹氏 ファゴットの奏者
岡崎順子氏 ソプラノ歌手
太田晴美氏 ピアニスト

後援 :岡山県 / 岡山県教育委員会 / 社会福祉法人岡山県社会福祉協議会 / 山陽新聞社
協賛 :株式会社白寿生科学研究所 /トオカツフーズ株式会社 / カバヤ食品株式会社 / カゴメ株式会社岡山営業所

高尾俊弘 (たかお としひろ)

川崎医科大学健康管理学教授。川崎医科大学付属病院健康診断センター長。
岡山倉敷市出身、鳥取大学医学部卒業。岡山大学大学院研究科博士課程修了後
米国NIDA他に留学。帰国後高知大学医学部教授を経て現職。
専門医;内科学会総合内科専門医、高血圧学会専門医、人間ドック学会専門医

 

太田茂樹 (おおた しげき)

ファゴット演奏家。

中学校吹奏楽部でファゴッと出会い50年演奏継続。
東京芸術大学音楽学部卒業、公立高校の音楽教員(指導主事、教頭、校長を経験)現在は、山陽学園大学入試広報室参事(非常勤嘱託)
また、岡山交響楽団の一員として演奏活動を継続中。

 

岡崎順子氏(おかざき じゅんこ)

ソプラノ歌手

愛知県立芸術大学大学院修了。
1990年ドイツ・デトモルトに留学しバッハを学ぶ。歌曲を中心とした10回のリサイタル、バッハ、モーツアルトの教会音楽や新イタリヤ合奏団とのバロックオペラアリアの共演等のコンサート活動。オペラ「フィガロの結婚」「ラ・ボエーム」「夕鶴」等に出演する。現在岡、山県立大学保健福祉学部特任教授、岡山大学教育学部非常勤講師。

 

太田晴美氏(おおた はるみ)
18-12-05

ピアニスト

幼い頃から大学まで、熱心にピアノに取り組んだ。岡山大学教育学部卒業。
公立小学校(岡山市内)の教員。現在は、オカリナに魅力を感じ、取り組んでいる最中。