header-cat-12

ゴルフ・ボランティア活動

シニアゴルフ・ボランティア活動とは

活動の目的

ゴルフを趣味とするシニアが、「ゴルフ」に自由にかかわるなかで、「心身の健康づくり」、「仲間づくり」、「生き生きとした生活づくり」を進めることを目指しています。

週1度1日約3時間程度のコース整備作業。

ゴルフを趣味とする60歳以上の高齢者等のなかから、ゴルフのプレー環境整備にかかわる軽作業を、ボランティア活動として行うのが「シニアゴルフ・ボランティア」です。実際の活動は、ディボット跡の目土や草取りといった、週1度1日約3時間程度のコース整備作業です。女性にもできる作業で、女性の参加、ご夫婦での参加も多くみられます。ボランティア活動は、地域ごとのグループによて自主的に運営され、自主的に活動されますので決して強制ではありませんし、参加は各自自由です。雨が降ったらお休みです。

安心の災害補償制度(ボランティ保険)

万一の活動中のけがや事故にも安心の災害補償制度(ボランティ保険)が用意されています。

仲間と会員特別優待料金でゴルフプレーを。

活動することで報酬は一切ありません。ゴルフ場からの環境整備が進んだことへの喜びと感謝の気持ちから、平日の空いている時間に会員特別優待料金で、ゴルフプレーをすることができます。ボランティア活動して、仲間と楽しくプレーをする。リタイア後の新しいライフステージの生き方として、健康づくり、仲間づくり、活力ある生活づくりを目指し、さらに地域とゴルフ場との良好な関係を作り、地域の活性化と環境保全を図っていく。人が高齢になっても活き活きと生きていく社会づくり(幸齢社会づくり)ができることになります。*1時間=1ポイントで5〜6ポイント(各ゴルフ場にて異なります)以上で、1ランドプレイ