日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権の支援活動

image003

2015年6月5日(金)・6日(土)日本プロゴルフ グランドゴールドシニア選手権 〜ゴルフパートナーカップ2015〜が、伝説の地、兵庫県よみうりカントリークラブで行われました。往年の名プレーヤーたちが参戦しゴールドの部は、佐藤正一選手、グランドの部は、重信秀人選手が見事優勝で幕を閉じました。往年の選手と触れ合うことも魅力ですが、入場無料、お食事ご優待の魅力と効果は、やはり大きく、2日間で8,000人のギャラリーが楽しみました。幸齢社会づくり協会関西連絡事務所では、トーナメント支援として、2日間(1日目20名・2日目18名が参加)スコアラー ・ホールマーシャル ・速報板 ・フォアキャディの支援活動を行いました。
表彰式で、日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長に「2日間、ありがとうございました。無事に大会を終えられたのは皆さんのおかげです」と労をねぎらう言葉をいただきました。

 

〈幸齢社会づくり協会 会員のコメント〉

会員A氏:「私は2日間共、14番でのホールマーシャル担当で、松井 功プロのイーグルを
      観れました」高低差34mを経て、最奥高所の場所でしたが、良い体験が出来た
      との思いです。

会員B氏: 1日目の雨の中でスコアラーを担当したが、傘を持ち、荷物を背負い、記録用紙は
     濡れる条件での18ホールの歩きは堪えたが、翌日に担当したプロから記念として
     ボールを貰い、「昨日はご苦労さん」との声掛けがあり、前日の疲れが吹っ飛ぶ、
     良い経験ができました。

会員C氏:1日目のホールマーシャルを担当したが、傘は無く、簡易の合羽だけでは全身ずぶ
     濡れとなったが、数人の選手から、「雨の中、ご苦労さん」との声掛けに勇気付け
     られ、最後までやれた経験は大きい。
     選手のボランティアへの気使いに感謝です。

  • 20150630-1
  • image003

    「トーナメントボランティア終了後の記念撮影」
    中央に倉本会長、ゴールドの部優勝の佐藤プロ、グランドの部優勝の重信プロ

  • image001

    優待券
  • image005-B

    ギャラリー用 案内版